第74回 姫路市民大会 5年生の部!!

gkblog

みなさん、こんばんは!!

fujio GPT 藤尾です。

 

今年も残すところ、あと5日。

今年も早かったような、、、、、。

来年は来年で、

新しいことにチャレンジしようと思ってます!!

また、

発表しますので楽しみにしといてくださいね!!

 


 


 

今回は、

姫路市民大会 5年生の部

を観戦してきました。

私が観たのは、

2回戦2試合、準々決勝3試合、準決勝2試合、決勝戦、

です!!

 

最終結果は、

1位 AC HIMEJI、2位 英賀保SC、3位、安室SC、4位 エストレラ津田A、

でした。

 


 


 

試合全体の感想は、

チームとしてボールをつなぎ、サイドから攻める形が多かったです。

ただ、

チームとしてのプレーモデルをはっきりと出してサッカーをしている印象でした。

ドリブルが多めのチームや、

中盤でゆっくりと保持するチーム、

フィニッシュの形がよく練習されているチーム。

観ていてとても楽しかったです!!

 


 


 

さて、

そんな大会のキーパーはというと、

遠くからシュートを打たれるということがあまり無く、

ペナルティーエリア内からのシュートがたくさんありました。

また、

コーナーキックからの対応には、

多くのキーパーが苦戦していた印象でした。

ただ、

素晴らしいシュートストップをするキーパーもたくさんいました!!

 

今回は4つの項目について感想を書きたいと思います!!

 


 


 

まずは、シュートストップ。

5年生になると、

ダイビングの技術もしっかりとしている印象でした。

ただし、

シュートストップの場面がエリア内ということもあり、

なかなか難しいシュートストップになってました。

そんな中、

抜群の技術でシュートストップをする場面もありました。

 

次にブレイクアウェイ。

これは、

技術的な話より、

戦術的なことになります。

基本的には、

前に出るタイミング。

これを知っているかどうかで大きくプレーが違っていました。

出れるタイミングを逃してしまい、

シュートを打てれて失点。

そんな場面を観ました。

 

そしてクロス。

クロスといっても大体はコーナーキック。

これも決定的だったのが、

先に動いてしまうこと。

ボールを観てから判断していないため、

ハイボールにかぶってしまい失点。

もったいなですね。

 

最後にディストリビューション。

つなげる時は確実につなぐ。

意識は高かったと思います。

ロングキックは、

狙って蹴るというよりは、蹴っているだけ!!

みたいな場面が多かったと思います。

 


 


 

今大会で私が強く感じたのは、

「専門的なトレーニングを受けているか?!」

がはっきりと出ていたかなと感じました。

 

ありがとうございました。

 


 

前回ブログ!!

👇👇👇👇👇

「飛ぶ」と「つかむ」?!


 

fujio GPT ホームページ!!

👇👇👇👇👇

fujio GPT  公式ホームページ


 

お問い合わせ!!

👇👇👇👇👇

お問い合わせ


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました